ビクトリアン中期  アンティークジュエリーの歴史と知識

2000円分  無料会員登録で プレゼント(ご来店OK)

銀座店行き方 サイズ直し無料 TVメディア 一部鑑定書無料

ビクトリアン中期 アンティークジュエリーの歴史と知識

ヴィクトリア女王2枚目

ビクトリアの中期は夫のアルバート公がお亡くなりになられた1861年から1880年までを指します。
そこでモーニングジュエリーが定番となります。
ビクトリアの時代のジュエリーは、従来の、宝石を持つことは富を意味することだけではなく、そのひとの社会的地位や、社会のルールを表すものでもあります。
社会的地位を表すジュエリーとは、例えば家紋が入った印章(インタリオやシグネット)リング(指輪)は、その持ち主の身分がわかります。
またロイヤルブルーと言われる、濃くて鮮やかな色を使ったジュエリーはイギリス王室の公式カラーであります。
社会のルールを表すジュエリーとは、例えば未婚の女性と既婚の女性が身につけるジュエリーは違い、未婚の女性の身につけるジュエリーはシンプルな作りのものを身に着けておりました。
ホワイトエナメルは未婚の女性や子供が身につけるものです。


特にダイヤモンドを未婚の女性が身につける習慣はなく、もし身につけていたら、それは遺産であるか、または愛人からの贈り物を意味していました。
遺産を見せつける行為は低俗とされていましたので、公の場では身につけません。
またキリスト教の考えから、未婚の女性は純粋でなければならないので、愛人という関係が、社会的に良いとされています。


ですからジュエリーは、その人の富、地位、そしてイギリス社会のルールを象徴するものです。
昼間はシンプルな作り、または小さい作り、宝石も少なく使用しているものを着用しておりました。
そして夜の公の場やパーティーなどでは、対称的に、手のこんだ作りのデザイン、宝石はダイヤモンド、または色付き宝石を身に着けておりました。

ヴィクトリア中期アンティークジュエリーの特徴

1)モーニングジュエリーの流行です。
ビクトリア女王の夫アルバートが1961年に亡くなられて、女王が喪に服すために身につけられたジュエリーを指します。
それは米国で起きた南北戦争が始まったことも影響します。
なんと女王が亡くなられる、40年の間という長い期間、喪に服しておりました。
その愛を感じ取った国民も真似をしてジェットだけでなく、オニキス、真珠、濃いべっ甲、ブラックエナメル、ボグオーク、ボルカナイト、濃い赤色のガーネット、濃い宝石の素材を使ったモーニングジュエリーが流行しました。
アメジストも、悲しみと精神的な喪失を意味することから使われました。
モーニングジュエリー、黒いジュエリーが流行して、喪に服する人以外も黒いジュエリーを着用しなければなりませんでした。
モーニングジュエリーは上記で述べた、イギリスの社会のルールを象徴するものでした。
またジュエリーのみならず、ファッションにも影響しました。


2)特にヘアー(髪の毛)を用いたヘアージュエリーです。
まず髪の毛は時が経過しても品質は低下をしませんので、数百年、または千年単位の耐久性があります。
古くは中世からヘアージュエリーはヨーロッパ中で用いられており、愛するパートナー、愛する家族や愛する友達の髪の毛を用いています。
これは愛する家族のことを、ジュエリーの一部に利用することから、最も基本的なメモリアルジュエリー、またはモーニングジュエリーです。
ヘアージュエリーは下の左写真のように、中心に用いられることもあり、または下の右写真のように、細工の一部として用いられることもできました。

アンティークジュエリーペンダントのヘアージュエリー
ヘアーをチェーンとして

ロケットペンダント、ブローチ、、ブレスレット、指輪はもちろんのこと、カフスボタン、ベルトのバックル、靴のバックルとしても用いられ、多種多様な使い方ができたのです。

アンティークジュエリーペンダントのヘアージュエリー
ヘアーをチェーンとして

3)リバイバルジュエリーの流行です。
パリ万博は1900年に開催されるのですが、その前の1867年にも開催されております。
皆さんに認知されている1900年のパリ万博は4500万人も来場客がありましたが、1867年のパリ万博も盛大に開かれ、世界中から42カ国が参加して、来場客も1500万人と大盛況でした。
その万博で披露され流行した、リバイバルジュエリーです。
それはこの時代に産業革命が起きて、ヨーロッパ国による植民地主義により、世界の未開発地域の発掘が 進んだことが一番大きく、その結果、歴史的遺産や、考古学が発展しました。
それによってエトラスカン、エジプトジュエリー、ルネッサンスジュエリーなどのリバイバルジュエリーが展示され、ヨーロッパで流行しました。


4)イギリスではイタリアの建築、アート、ファッション、デザインが流行していて、その事によってカメオ、ピエトラ・ドゥーラやマイクロモザイクが流行しました。
(モザイクはガラス片を用いており、ピエトラ・ドゥーラは半貴石を用いています)
カメオは女神やバッカンテ(バッカス神のみこ)をモチーフにしていることが多く、素材はラーバ、シェル、ストーンを使いペンダント、ブローチ、ブレスレットや指輪が作られました。
またピエトラ・ドゥーラやマイクロモザイクはお花、鳥、蝶々、動物などをモチーフにした作品が人気でした。


5)シルバーアクセサリーの流行です。
1859年に発掘されたアメリカのネバダ州、コムストックでシルバーが発見されました。
その採掘場によってメタルやシルバーの価格が下がり、供給量が増えました。
それによってバングルブレスレット、複雑なモノグラムを記したブローチ、センチメンタルロケットジュエリーなどが普及しました。


6)ダイヤモンド業界の変化です。
まずは1879年に電球が発明されました。
今までの、ロウソクの光の下で見えるダイヤモンドと電球の下で見えるダイヤモンドの見え方の変化です。
電球の下ではダイヤモンドはより眩しく輝きます。
それによってダイヤモンドの表現の仕方が変わり、それまでの相性の良いシルバーではなく、ゴールドが主体と変わっていきます。
わかり易い言葉に置き換えると、いままではロウソクの黄色の明かりが電球の白い明かりに変わりました。
黄色の光のもとでは、銀色(シルバー)との組み合わせが良く、白色の光のもとでは、金色(ゴールド)との相性が良いということです。
また1867年に発見された南アフリカのダイヤモンド採掘場です。
この発見によってダイヤモンドの供給量が増えて、女性がよりダイヤモンドが身近になってきました。


7)全体的に人気のモチーフはお花、リース、天使が人気でした。
写真を入れた大きいロケットはブローチのみならず、ブレスレットやネックレスも人気でした。
                      1ページ ビクトリアン初期      3ページ ビクトリアン後期

アンティークジュエリー 時代別 知識と商品

ジョージアン

ジョージアンの歴史と知識

ジョージアンの商品一覧

ビクトリアンの商品

ヴィクトリアン初期

ヴィクトリアン中期(ページ2)

ヴィクトリアン後期(ページ3)

ヴィクトリアンの商品一覧 

エドワーディアンの商品

エドワーディアンの歴史と知識

エドワーディアンの商品一覧

アールヌーボーの商品

アール・ヌーボーの歴史と知識

アール・ヌーボーの商品一覧

アールデコの商品

アールデコの歴史と知識

アール・デコの商品一覧