アールデコ彫金リング|約0.14CTサファイアと約0.1CTルビー【商品番号r929】

¥48,000 (税込)

説明

商品情報

原産国   ヨーロッパ
年代    1920年代頃
素材  10金ゴールド、サファイア、ルビー、ホワイトサファイア
サイズ   11.8号、ベゼル(縦)15ミリ、(横)9.5ミリ
サイズ直し可能(サイズ直しは無料にてやらせて戴きます。)

商品説明文

クリックすると拡大します

スクエアーカットの約0.1カラットサファイア、約0.04カラットのホワイトサファイアと、スクエアーカットの約0.1カラットのルビーがキラキラと輝いている菱形リングです。
ホワイトサファイアは無色で、ダイヤモンドと似た輝きをしているのが特徴です。

センターのホワイトサファイアのセッテイングは、キンポウゲの花の型をしたバターカップの台座にセットされているアンティークジュエリー。

 


その上下にあるルビーとサファイアは、覆輪留です。

また、センターのホワイトサファイアの優しい色合いの輝きがより一層引き立て、華やかさと洗練された、辺りに感じる気分をかもしだしています。
です。

上品なフォルムは、指先をほっそりとキレイに見せてくれる効果も。
ナチュラルでありながら洗練された雰囲気も併せ持ち、宝物のような気品ある佇まいのリング。
ヨーロッパでの菱形のモチーフは、過去を清算して新しい道を進む際のお守りと言われています。

 

それに彫金が実に繊細で、ルーペで見ても見惚れてしまいます。
ルビーは昔から、王位のシンボルの石として、ダイヤモンド以上に好まれてきました。
ルビーは欲望、情熱、権力の象徴であり、ルビーは恋人たちの別れを防ぐ宝石であると語り継がれてきました。

 

また病気を治す、家や所持品を守る、富と幸運をもたらすと信じられてきました。

光輝くような、優しいゴールドの色合いが、愛らしい。
存在感がありながら趣味のいいデザインは、普段使いにもお薦めです。

 


シックでクラシカルな大人のムードを醸します。

ゴールドの凛々しいシャンクに、センターにホワイトサファイアが輝きます。
小粋なデザインのリング。
アールデコの作りで、ゴールドは、美しいサフィア、ホワイトサファイア、ルビー、を引き立てています。

 

約0.04カラットのホワイトサファイヤの美しさは、無垢で、神聖な透明感。
強く煌びやかな光沢も感じられ、魅力の溢れる宝石です。

イエローゴールドの小さな爪で留められています。

美しい宝石をあしらった、デザイン性の高い贅沢な指輪だと思います。

細やかな輝きが美しく、みずみずしい透明感が指先を引き立ててくれます。
アールデコ時代の見ているだけで、心を揺り動かされる、約0.1カラットサファイア、約0.04カラットのホワイトサファイアと、約0.1カラットのルビーの菱形リングです。