アール・ヌーボーの歴史と知識

2000円分  無料会員登録で プレゼント(ご来店OK)

銀座店行き方 サイズ直し無料 TVメディア 一部鑑定書無料

アール・ヌーボーの歴史と知識

アール・ヌーボー

1895年~1920年 アール・ヌーボーはフランス語で新しい芸術を意味する流れを指します。
イギリスで始まり、ヨーロッパ、北アメリカで流行したアーツアンドクラフツの時代を含めた1920々 までを述べていきたいと思います。


サミュエル・ビングによる(アール・ヌーヴォーの店」 l’ Art Nouveau のパリでの出店が1895年です。
そのお店ではティファニーのファブリル・グラス(玉虫色のアートガラスの一種)、エミール・ガレ、ルネ・ラリックの作品、そして日本芸術をお店で置き、
彼とこのお店がアール・ヌーボーの発展に貢献しました。


このお店はフランス芸術家協会、パリ装飾美術館、フランスの国民美術協会、その他の協力を得て、その後 、ビングは 1900年パリ万博にアール・ヌーボーパビリオンを出店し、アール・ヌーボーの、女性的な作風が、蝶々の羽や伝説の生き物と組み合わせることができると考えて、その組み合わせをブローチ、ブレスレット、指輪に使いました。


それと同時にこの時代は、女性が社会進出するに当たり、社会的な役割が変わりました。
アール・ヌーボーの女性的な作風の流行と、女性の社会地位向上によって、デザイン界は、いわば女性が中心になりました。
社会の女性が芸術家に影響を与え、女優やオペラ歌手が美しさや完成度を宝石商にインスピレーションを与えるだけでなく、彼女らがアール・ヌーボーのジュエリーを自ら身に着ける事によって、新しい時代、新しい芸術(アール・ヌーボー)にかじを切ることになりました。

アール・ヌーボー アンティークジュエリーの特徴

1)ハンドメイドならではの、優しく、軽く、繊細さは 繊細、自由で流れるような曲線と淡い色使い、淡い色の宝石、を強調させています。
その曲線は植物、女性の髪の毛、で見られる曲線や形からとったもの 自然で揺れる、うねった、波打ったすべてのものから得ました。
またこの線は、国によって意味が違い、例えばイギリスではケルトリバイバルの流れの中の、ちょう結び、四角、三角に表れています。
フランスでは、植物の動きや女性の髪の毛が、比喩的な意味を、線を使って表しています。


2)様々なテーマやモチーフがアール・ヌーボージュエリーにはあります。
蝶々やトンボ、バッタやクモなどらの虫、カブトムシらの昆虫。
ビクトリアンで人気の、永遠を意味するヘビモチーフも、ヘビの曲線、色、そして繊細さを変えてモチーフにしました。
サラマンダーも生きているようなライン、そして輝かしい色使いにかわりました。
クジャクは躍動感あふれ、羽が鮮やかになりました。
白鳥、ツバメ、オンドリも、活発、官能的、情熱的なデザインになりました。


3)真珠が一番人気の宝石ですが、淡い宝石が全般的に人気が出て、その流れに追随した形です。


4)プリカジュールエナメル ステンドグラスをイメージして頂けたらわかりやすいです。土台のないエナメルなので、ステンドグラスのように、光が入ります。


5)アール・ヌーボーの結婚、婚約指輪は自然への感謝がテーマ、またはユニーク、珍しい作品のものが人気でした。


6)1862年ロンドン万博に日本展 ジャポニズムの流行
自然がテーマ、簡素なデザイン、に宝石商も影響を受けました。


7)この頃から機械によるジュエリーが出回り、その動きとは対照的なハンドメイド 自然がテーマです。

アンティークジュエリー 時代別 知識と商品

ジョージアン

ジョージアンの歴史と知識

ジョージアンの商品一覧

ビクトリアンの商品

ヴィクトリアン初期

ヴィクトリアン中期(ページ2)

ヴィクトリアン後期(ページ3)

ヴィクトリアンの商品一覧 

エドワーディアンの商品

エドワーディアンの歴史と知識

エドワーディアンの商品一覧

アールヌーボーの商品

アール・ヌーボーの歴史と知識

アール・ヌーボーの商品一覧

アールデコの商品

アールデコの歴史と知識

アール・デコの商品一覧