アンティークジュエリー指輪A アンティークジュエリー指輪B アンティークジュエリー指輪C アンティークジュエリー指輪D
アンティークジュエリー ペンダント アンティークジュエリー ネックレス アンティークジュエリー ブレスレット アンティークジュエリー ピアス アンティークジュエリー ブローチ  アンティークジュエリー 時計
アンティークジュエリー 年代別 アンティークジュエリー 辞典 ブログ ブログ2 facebook twitter instagram
    1. トップページ>
    2. ネックレス
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14
商品番号

n14
アンティークジュエリー  アール・ヌーボー オールドヨーロピアンカットダイヤモンド 十字架(クロス) ネックレス


価格 ¥116.000
    ご注文

n14のアンティークジュエリーの情報

原産国   ヨーロッパ
年代    1890年代頃
素材  14金ゴールド、オールドヨーロピアンカットダイヤモンド
サイズ   (縦)45ミリx(横)25ミリ、チェーン45センチ

n14のアンティークジュエリーの説明文

オールドヨーロピアンカットダイヤモンドが、中央に埋め込まれているゴールドを、たっぷり使われてるクロスのネックレスです。
45ミリX25ミリの、クロス本体も十分にその存在感を誇示しているのにもかかわらず、直径約3ミリのオールドヨーロピアンカットダイヤモンドを入れることによって、より一層の輝きを増しています。
チェーンも当時のチェーンで、今と違うお洒落でセンスの良い、雰囲気を醸し出していますが、引き輪部分は後世に交換されています。
古くからジュエリーのモチーフとなってきた十字架(クロス)。
アンティーククロスはキリスト教の歴史と同じくらい長く、実に多彩なアンティーククロスが存在します。
長い年月を経たゴールドを背景に、オールドヨーロピアンカットダイヤモンドが輝きます。
広いファセット面に光が当たると、キラリと独特の鋭い煌きを放ちます。
透明度が高く美しい輝きを放つオールドヨーロピアンカットダイヤモンド。
それらを留める石留めでさえ優雅な金細工装飾で、いにしえの時代から受け継いだ金細工技術の高さを物語ります。
ダイヤモンドクロスは重厚感と華やかさを併せ持ち、さり気くゴージャスな雰囲気を演出してくれます。
オールドヨーロピアンカットダイヤモンドは、驚くほどに透明度が高く美しい輝きを放ちます。
オールドヨーロピアンカットダイヤモンドの迫力ある煌めき、ダイナミックなシンチレーションは、厚い贅沢なクラウンがもたらすのです。
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14b
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14c
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14j
透明度の高い大きなオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドで、実物はもっと素晴らしいきらめきです。
お客様にも毎回実物は画像以上に素晴らしい、と言っていただくのですが、画像ですらこれだけ素晴らしいのです。
オールドヨーロピアンカットダイヤモンドに相応しい、見事なセッティングです。
先端の爪だけで丁寧に留めてあるのが分かります。
金の台座の部分は溝を彫った閃光の様な美しい作りで、見えない部分までの丁寧な仕事ぶりが素晴らしいです。
裏側はオープンセッティングなので、より魅力的にダイヤモンドが光り輝いています。
このクロスは、ゴールド表面は美しい梨地のマットゴールド加工で仕上げています。
美しいマット仕上加工は、非常に難しい技術であるため、アンティークジュエリーでも高級なゴールドジュエリーでなければ見られません。
それがこのクロスになされているから感動ものです。
拡大してみても、全体が均一に綺麗に加工されているか分かります。
金の表面をこれだけ繊細に均一にすることが如何に難しいか、どれだけ高度な技術が必要なのか、 アンティークジュエリーの中でも、余程のハイクラスの物でなければ見ることがないです。
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14d
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14e
ハイクラスのジュエリーにしか見られないマット加工を施してあるこのクロスですが、良く見ると、細かい部分まで気を遣った丁寧な作り。
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドを、小さな爪で綺麗に留めてあるのが解ります。
実に細かい仕事です。
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドを、留めている星形の台座は、ゴールドを磨いて艶出し仕上しています。
このゴールドの質感の対比によって、美しいマットゴールドの中のオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドが印象的に引き立つのです。
細かい部分のデザインに至るまで、すべて繊細に考えられたクロス。
この時代のオールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドはハンドカットされています。
機械でカットされた現代のブリリアントカットダイヤとは全く異なります。
17世紀のものは、表裏両面にエナメルで細工を施してあるものが有名で、クロスは主に男性の聖職者が身に付けるものでした。
18世紀に入ると、クロスは女性のキリスト教新興の象徴になり、リボンやクロスに下げるための、よりファッショナブルな、クロスがでてきます。
しかし19世紀以降に作られたこのようなクロスなどは、聖職者用ではなく当時の良家の女性用に作られたものです。
もちろんファッション性をきちんと考えて作られた洗練された十字架ネックレスです。
あくまで他のジュエリーと同じく装身具として、そしてお守りのような気持ちで身に着けられていたことでしょう。
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14f
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14g
十字架によく使われる素材としてはダイヤモンド。
当店のストックにもダイヤモンドを多用されたクロスが数多く存在します。
それ以外にもシードパールを用いられたものやルビー、トルコ石などが使われているもの。
中にはサフィレットガラスを7石も使われたやや大きめのクロスもあり、本当に男女を問わず様々な方に使われているアイテムだな、と実感するわけです。
しかし、実際問題一種のファッションアイテムとして考えた場合はこのお品が使い勝手の良さからは、ベストチョイスかな、と考えられます。
先ず、48ミリX25ミリというほどよい大きさ。そして中央にセットされた、ほどよいサイズのオールドヨーロピアンカットダイヤモンドがそのファッション性を一段とアップさせています。
そして、14Kゴールドの使用。
ヨーロッパでは大変使用頻度の高い14金は、まさに、このクロスとの相性がピッタリの色合いと雰囲気を醸し出していると言えます。
堂々たる風格が感じられる素晴らしいクロスネックレスです。
オールドヨーロピアンカット・ダイヤモンドクロスはとても良い状態です。
ネックレスチェーンは付いております。
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14h
アンティークジュエリーネックレスの商品番号n14i

お問合せ

トップページ(最新商品)に戻る