※※※ 写真をクリックすると拡大写真になります。(一部の商品はまだ拡大できません。)

n25 アンティークジュエリー エドワーディアン オールドマインカットダイヤモンド アメジスト シードパール リボン ネックレス

¥99,000 (税込み)(ポイント5%)

説明

n25アンティークジュエリーの情報

原産国   ヨーロッパ
年代    1910年代頃
素材  14金ピンクゴールド、オールドマインカットダイヤモンド、アメジスト、シードパール、プラチナ
サイズ   チェーン42センチ、本体(縦)50ミリ、(横)18ミリ

n25

アンティークジュエリーの説明文

色のとても華やかな、品の良い4石のアメジストと、オールドマインカットダイヤモンドと、シードパールのアンティークらしいネックレスです。
センターのオールドマインカットダイヤモンドと、膨らみかけのつぼみのようなシードパールが27粒留められています。
小さくてもインパクトあるシードパールと、アメジストがセットされています。
気品がある美しい色をしたシードパール、優しい色合いのネックレスです。
中央に透明感の美しいオールドマインカットダイヤモンド、その周囲をプラチナで覆輪留めされた、リボンのネックレスです。
オールドマインカットダイヤモンドと、アメジストの周囲に施された、繊細で美しいミルグレインが見事で、当時の職人の技術の高さがよく分るネックレスです。
ペンダント部分の地金はナイフエッジ加工が施されていて、刃の面が鋭く細くまるで線のように繊細に細く見えます。

 

ナイフエッジの宝飾技術は、エドワーディアンジュエリーならではの言葉で、簡単に言い表せないすぐれた技で、 裏面は正反対に太くなっていて頑丈です。
シードパールは、小さな爪で一つ一つ、細かい点まで気を配って施されており、27粒用いられています。
アメジストは紫色の水晶のことで、19世紀末に、南米でアメジストの鉱山が見つかるまで大変貴重な宝石だったようです。
宝石としての歴史は、古代エジプトから使用されていました。
オールドマインカットダイヤモンドと、アメジストとシードパールと共に、凛々しさを持ち存在感を放ち、繊細で一手間凝った作りのネックレスです。
細かな気配りがジュエリーを何倍にも美しく見せてくれます。

身につけることで華やかな、身だしなみに気を配る、雰囲気を取り合わせるネックレスかと思います。
光が入る角度によって、キラキラと輝くオールドマインカットダイヤモンドと、アメジストが印象的なアンティークジュエリーです。
鮮やかな紫色のアメジストは、落ち着いた趣を含んだ光沢です。
シードパールは艶があり、ほんのりグレーを帯びたもので美しさがあります。
“愛の守護石”“真実の愛を守り抜く石”と呼ばれるアメジストが、可愛らしく円を描き、ナチュラルパールが、心を打ち可憐さと明るさを添え、初々しい雰囲気です。

リボンのデザインも可愛いらしく、丁寧に作り込まれ遊び心がある装飾に、ついつい見入ってしまうアンティークジュエリー。
オールドマインカットダイヤモンドと、アメジストと、シードパールの組み合わせは実に美しいです。
小粒ながら、良質な艶のあるナチュラルパールです。
光を十分に取り込み、素晴らしい透明感があり、浮雲のようなきらめきを感じさせるアンティークジュエリー。
エレガントな雰囲気がありますし、素晴らしい手触りのハンドメイドのチェーンが見事です。

オールドマインカットダイヤモンドと、天然真珠(シードパール)と、しっとりとしたアメジストの彩りは、どこかほのかでため息の出るような雰囲気。
アメジストは2月の誕生石でもあり宝石言葉は心の平和、誠実。アメシストを身につける事でお酒に悪酔いを しないという言い伝えは古くから残るものです。
また高貴な色とされる紫色は最高位の色として崇拝されてきました。
ストレスから心を守り、穏やかな気持ちにさせてくれると言われています。
これだけの美しいネックレスの割に、価格はとてもリーズナブルです。