アールデコカクテル指輪|約3.7ct、3種類のダイヤ(鑑定書付)【商品番号r117】

¥878,000 ¥818,000 (税込み)(ポイント5%)

説明

r117h
クリックすると拡大します
r117g
r117g

r117の商品情報

原産国  ヨーロッパ
年代   1970年代頃
素材   プラチナ、シングルカットダイヤモンド ブリリアントカットダイヤモンド、テーパーカットダイヤモンド
サイズ  11.5号、ベゼル18(縦)x38(横)ミリ、サイズ直し可能

r117商品説明文

約3.7カラットのダイヤモンドがセットされている大変眩いアンティークカクテルリングです。
ダイヤモンドは2種類あり、テーパーカットダイヤモンドが21石、シングルカットとブリリアントカットダイヤモンドが103石もあります。
合計124石使われているので、大変ゴージャスできらきら輝いているのが特徴です。
典型的なカクテルリングですね。
3種類のダイヤモンドを使っているという点もおしゃれですね。
見事にダイヤモンドの良さを引き出しています。
普通のカクテルリングはサファイアやルビーなどの色付き宝石を使用していることが多いのですが、このリングの場合、3種類のダイヤモンドで違いをだしています。

r117f
r117f

Cr117eダイヤモンドと相性抜群のプラチナが使われていて、白い輝き(ブリリアンシー)がより際立っています。
デザインはリボンをモチーフにしていて、かわいらしさと優雅さが感じられます。
普通のリボンとは違い、立体的で奥行きがある作りで、そして曲線が効いていて、アクセントをつけています。
四角い形のテーパーカットダイヤモンドは一番外側にセットされています。
そこにセットすることによってリボンが立体的なフォルムをしております。
また可愛らしさだけでなく、テーパーカットダイヤモンドが大人の雰囲気が感じられるようにアクセントになっています。
またそれ以外の丸い、ラウンドカットダイヤモンドの部分も立体的な作りになっていますね。
程よい大きさのラウンドカットダイヤモンドを使うことによってのみ、この立体感(凹凸)をだすことが可能です。

 

単調なリボンモチーフでなく、複雑なデザイン、そして立体感をだしています。
ダイヤモンドがたくさん使われていることと、プラチナが使われているので、重量感がありますが、外れないようにアームの内側にはバネが組み込まれています。
それにより固定して外れず、動かない、しっかりとした作りです。
約3.7カラットのダイヤモンドが使われていて、このお値段は大変お買い得な値段です。

r117d
r117d
r117c
r117c

カクテルリングとはアールデコ時代に流行したアンティークリングです。
カクテルパーティーに身に付けていくのでカクテルリングと呼ばれています。
そして特徴的なことは、色使いやデザインです。
カクテルパーティーとは1910年台に始まった、カクテルがだされるビジネスの人脈作りのためのパーティーや社交パーティーのことを指します。
そしてアールデコ時代はカクテルの黄金期とも言われ、たくさんの新しいカクテルが生まれて流行しました。
また1919年に禁酒法がアメリカで施行されたことを機に、バーテンダーがアメリカからヨーロッパに移ったことも影響しています。
新しく生まれたカクテルは色使いが鮮やかでしたので、その色鮮やかなカクテルと合うジュエリーが必要でした。
それで生まれたのがカクテルジュエリーで、 その一つがカクテルリングです。
この指輪は当時のアールデコの時代を連想されてくれます。

r117b
r117b
r117
r117
r117j
r117j

時代が変わり、女性の社会進出が進んだ時代、アールデコは現代にも通用するおしゃれなデザインのものがたくさんありますね。
ジュエリーだけではなく、洋服、帽子などのファッション、インテリアなどの建築物、はたまた社会や習慣までも変わった時代です。
そのアールデコの時代、風潮をも垣間見れる立派なアンティーク、3種類のダイヤモンド、カクテルリングです。

商品一覧

指輪A 

指輪B 

指輪C 

指輪D 

ピアス 

ブローチ 

ネックレス 

時計 

ブレスレット 

ペンダント

宝石別|年代|種類別 ジュエリー

twitter

pinterest

facebook

instagram

ブログ