アールデコ指輪|9石約1.23CTルビー使用【商品番号r427】

¥47,000 (税込み)(ポイント5%)

商品カテゴリー: , ,

説明

 

商品情報

原産国   ヨーロッパ
年代    1930年代頃
素材  9金ゴールド、ルビー
サイズ   13号、ベゼル(縦)9.5ミリ、(横)15ミリ、サイズ直し可能(サイズ直しは無料にてやらせて戴きます。)

商品の説明文

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】b
クリックすると拡大します

合計約、1.23カラットの、9石のルビーをはめ込んだ愛らしいデザインの美しい作りのアンティークジュエリーです。

 

イエローゴールドで、全体を引き締めて温かみを感じさせるリング。

真ん中のオーバルカットが約、0.43カラット。

周りの8石のマーキーズカットが合計約0.8カラット。

合計約、1.23カラットです。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】c
ルビーは昔から、王位のシンボルの石として、ダイヤモンド以上に好まれてきました。

ルビーは欲望、情熱、権力の象徴であり、ルビーは恋人たちの別れを防ぐ宝石であると語り継がれてきました。

 

それから戦士を守り、勇気と忍耐を与えるとか。

病気を治す、家や所持品を守る、富と幸運をもたらすと信じられてきました。

 

ルビーをオープンセッティングで、覆輪留めで丁寧に留められています。

お手頃にアンティークを楽しまれたい方にお勧めです。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】l

アールデコ時代との関連

アールデコ時代は、
はっきりとしていて分かりやすく、使いやすいジュエリーが生み出されたことです。

 

分かりやすくて大胆な、フォルムのデザインのものでした。

色調も、自分の洋服とのコントラストで選ぶ、という方向に変わっていきます。

 

このリングの様に、縦線や反復のモダンに特徴付けられました。

どの角度から見ても綺麗に輝くルビー。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】e
あでやかなピンクがかった赤色の輝きを放つ、ルビーをセットしています。

 

目にするたびに、うっとりと見入ってしまう、燃え上がるようなリング。

大人の魅力を漂わす上品なデザインが、エレガントな装いを作り上げる。

 

存在感を損なうことなく、全体をやさしくまとめた、愛らしくも華やかなリング。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】f
7月の誕生石。

女らしさと情熱を引き出すルビー。

うっとりと見入ってしまう、 華やかレッドが指を上品に見せる、大人のジュエリーです。

 

このルビーの指輪は、アールデコの魅力があるアンティークジュエリー。

クラシックなデザイン。

強い輝きと美しいルビーの色調のハーモニーは、美しさを感じさせます。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】m
しっかりとした厚みがあり、ルビーは明るい赤色です。

美しいファセットがついた艶やかなルビーで、カット面もシャープで状態も良いです。

 

ルビーは、イエローゴールドの台座で丁寧に留められており、細工の良さが素晴らしいです。

 

燃えるようなピンクがかった赤色の、ルビーが冴えわたるリングです。

ルビーは、石の内部から出る艶があり、いつまでも眺めていたくなる良い色です。

 

艶のある美しいルビー。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】n
ルビーの色も、くっきりとした赤色のアンティークジュエリーです。

 

ルビーの周りは四方に透かしが入っており、空間の取り方もアールデコの特徴が出ています。

美しい宝石をあしらった、デザイン性の高い贅沢なリングだと思います。

繊細にほどこされた透かし金細工。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】h
シャンクには百合の紋章のお洒落な彫金が施されています。

 

気軽にサッと身に着けられ、デイリーに大活躍してくれます。

ハッと目を惹く赤いルビーをセットしたリングです。

 

石の奥から赤い光が炎のように輝いており、ルビーに似合うように、気品がある透かし細工。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】i
細かい部分まで大変丁寧に作られた、美しい彫金です。

 

デザインは左右対称で、全体で1つのデザインとなっております。

見た目にも、透かしが美しい可憐なデザインのアンティークジュエリーです。

写真以上に明るく可愛らしい印象だと思います。

約1.23CTルビー使用【商品番号r427】j

商品一覧

指輪A 

指輪B 

指輪C 

指輪D 

ピアス 

ブローチ 

ネックレス 

時計 

ブレスレット 

ペンダント

宝石別|年代|種類別 ジュエリー

twitter

pinterest

facebook

instagram

ブログ