アールデコリング|馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】

¥88,000 (税込み)(ポイント5%)

説明

 

r416の商品情報

原産国   ヨーロッパ
年代    1920年代頃
素材  18金ホワイトゴールド、オールドヨーロピアンカットダイヤモンド
サイズ   11.5号、ベゼル(縦)6.5ミリサイズ直し可能(サイズ直しは無料にてやらせて戴きます。)

r416商品説明文

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】b
クリックすると拡大します

四角形のベゼルの中に、オールドヨーロピアンカットダイヤモンドを巧みにセッティングした、いつまでも見ていたいとても珍しい、馬蹄のリングです。

 

フィリグリー (透かし彫り)の手仕事で、職人さんのハンドメイドです。

 

金線細工はとても細かく模様を作る技法で、
一つ一つ手作りされた繊細な、デザインを組み合わせた馬蹄の透かし彫りのリングです。

 

フィリグリーは、1つ1つが手仕事での彫りなので、かなりの手間暇がかけられているアンティークジュエリー。

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】c
軽いものほど高いと言われるほど、細かな彫りに膨大な時間がかけられています。
馬蹄モチーフは幸運を逃がさず溜め込み、旅や交通の安全を守るなどの意味を持ちます。

 

ヨーロッパでは古くからお守りとして身に着けられているモチーフで喜びが舞い込む、飛躍するとも言われているラッキーアイテムです。

 

西洋では魔除けとして幸運をもたらすとも信じられている馬蹄。
馬蹄とは、馬の蹄(ひづめ)に装着される蹄鉄です。

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】d
元々西洋で幸福のシンボルになった由来は、馬の足を保護する事から、まもるという意味を持ったとか。

 

馬蹄の向きについて、方向はU字になっていることも、逆向きのこともあり、どちらが正しいのかと疑問に思われる方も多いようです。
実際は、馬蹄の向きが上向きの物と下向きの物もどちらも存在します。

 

その向きは地域によって異なるそうです。
意味としては、上向きは上方から幸運を受け入れ、下向きは穴を下にすることにより、不運を落とす、と信じられています。

 

どちらも不運を除いて、幸運を招く幸運のアイテムとして用いられています。

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】e
西欧ではどちらも正しく、共に運を招くものです。
是非、このリングを着けて幸運を引き寄せて下さい。

 

アールデコとは、ヨーロッパおよびニューヨークを中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行した装飾美術。

 

アンティークジュエリーは、製作されてから100年以上を経過した宝飾品で、骨董的価値を持つ装身具のこと。
アンティークレースのような繊細なデザイン。

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】f
可愛らしい馬蹄の模様が、視線を集める指輪です。
アンティークジュエリーの一つは、その手の込んだ繊細な金細工です。

 

あまりに繊細な細工であるため、時として肉眼では見れないほどです。

 

肉眼で見れないほどの金細工を当時、どのようにして職人さんは製作していたのか、 それは手の感覚だったと言います。

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】g
職人技は、最後は手の感覚で、金細工を仕上げていったのです。

 

鋭い輝きを放つオールドヨーロピアンカットダイヤモンド。
お洋服にぴったり合い、小洒落た細工が現在では再現不可能です。

 

職人さんの技術の高さに惚れ惚れしてしまうリング。

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】h
側面とシャンク部分は、馬蹄の繊細な細工が施されているアンティークジュエリー。

 

ホワイトゴールドで、至るところに施された透かしの効果で、全体がきらめいています。
側面には馬蹄が計6つ施されている、品格が高くて上品な細工には驚かされます。

 

オールドヨーロピアンカットダイヤモンドが美しく見えるデザインをしており、アンティークレースのような繊細なデザイン。

 

お値段もこのクォリティーとフィリグリー(透かし彫り)の馬蹄細工 にしては納得のいくアンティークジュエリーです。

馬蹄フィリグリーとオールドヨーロピアンカットダイヤ【r416】j

商品一覧

指輪A 

指輪B 

指輪C 

指輪D 

ピアス 

ブローチ 

ネックレス 

時計 

ブレスレット 

ペンダント

宝石別|年代|種類別 ジュエリー

twitter

pinterest

facebook

instagram

ブログ