r411 アンティークジュエリー アールデコ 約4.5CTトルコ石 シードパール お花のリング

¥109,000 (税込み)(ポイント5%)

商品カテゴリー: , , ,

説明

 

r411アンティークジュエリーの情報

原産国   イギリス
年代    1930年代頃
素材  9金ゴールド、トルコ石、パール
サイズ   13号、ベゼル縦20.5ミリ、横15ミリ、サイズ直し可能(サイズ直しは無料にてやらせて戴きます。)

r411アンティークジュエリーの説明文

r411b
クリックすると拡大します

イギリスのホールマークの刻印があります。
繊細な金細工と約4.5カラットのオーバルのカボションカットトルコ石、12粒のパールで美しく装う、見ていると心地いいデザインのアンティークジュエリー。
パールの状態が良く快く感じられる美くしい色です。
トルコ石の周りは、ゴールドでパールを美しく留めているデザインです。
純白のシードパールを細かい点まで気を配って、丁寧に一粒一粒爪留めし、どの角度から見ても美しいリング。

r411c
シャンクはすっきりとして、そこが全体を引き締めています。
アールデコらしい、 その先端を行くデザインは、今見ても今より逆により今の時代にふさわしく見えます。
トルコ石とパールが留められていますが、裏側の凝った唐草模様の透かしのデザインが可愛らしいです。
アールデコとは、一般にアール・ヌーヴォーの時代に続き、ヨーロッパおよびニューヨークを中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾美術。
アールデコは、1925年に開催されたパリ万国装飾美術博覧会で花ひらきました。
パールの周りには、小さな爪が沢山、彫金細工の様な爪が施されて。

r411d
フレームのゴールドの彫金が繊細で、
デザインと、色彩が発揮される効果的な組み合わせを効かせています。
見るからに美しい、空色の美しいカボショントルコ石が用いられているのが、和ませる魅力があるアールデコのリング。
約4.5カラットのトルコ石とゴールドとは、他のものと比べて特に目立ち色彩的によく合います。
トルコ石は古代より愛されて、最も古くから宝飾品に、 重用されてきた宝石のひとつです。
その大空のような水色は、神聖なる石とされてきました。

r411e
出世の石としても有名で、古くから権力者に愛されてきたのも、そうしたトルコ石の力のためだったのかもしれません。
邪悪なものや、迫り来る危険から守ってくれるトルコ石は、やがて旅のお守りなどに用いられるようになります。
色は青から緑の色を持つ不透明な鉱物で、強い空色のものがもっとも価値があるといわれていますので、この指輪のトルコ石は良い石だと思います。
水色は大地を潤す水を象徴し、心に健全さを取り戻す力があるのだとか。

r411f
約4.5カラットのトルコ石と、12粒のシードパールを、ぐるりとゴールド細工で、裏面には唐草模様の、透かしが施されているアンティークジュエリー。
また、トルコ石の持つメッセージとして繁栄の意味で、トルコ石は、多くの経営者などにも愛されています。
トルコ石も真珠も天然の質がいいものが使われていて、自然ならではの美しい色合いのアンティークジュエリーです。
アンティークらしい温かみと共に、その美しさは長い年月を経ても目を楽しませてくれます。

r411g
アールデコの時代は、いろいろな石が使われいて、トルコ石も例外ではなく、
とても人気があった時代だけに、しなやかで軽やかな美を感じる実に美しいです。
大変な手間を掛けているアールデコのリングで、
一目で分かるとても豊かになる作りです。

r411h
約4.5カラットのトルコ石と、16粒のシードパールを包む、ゴールドのセッティングや、美しい装飾など、アンティークらしい魅力の詰まったリングです。
ふっくらとしたカボションカットが美しいアンティークジュエリーです。
また古来からトルコ石とゴールドの組み合わせは、その特徴を最もよく表しているものです。
それに上品な輝きの12粒のシードパールが、洗練された感を醸し出しています。

r411i
爽やかな水色が明るいゴールドとよく合います。
合計12粒のシードパールをデザインした、モチーフに約4.5カラットの、天然石ターコイズをセットしたお花のリング。

r411j
商品一覧

指輪A 

指輪B 

指輪C 

指輪D 

ピアス 

ブローチ 

ネックレス 

時計 

ブレスレット 

ペンダント

宝石別|年代|種類別 ジュエリー

twitter

pinterest

facebook

instagram

ブログ