アールデコ指輪|約1CTサファイア,約0.2CTローズカットダイヤ【商品番号r403】

¥79,000 (税込み)(ポイント5%)

説明

 

r403の商品情報

原産国   イギリス
年代    1930年代頃
素材  9金ゴールド、サファイア、ローズカットダイヤモンド
サイズ   11.5号、ベゼル(縦)6.5ミリ、サイズ直し可能(サイズ直しは無料にてやらせて戴きます。)

r403商品説明文

r403b
クリックすると拡大します

イギリスのホールマークの刻印があります。
アールデコ時代の約1カラットもある、深みのある濃い青色のサファイアです。
艶々とした濃いブルー色で、時折石の中で青い光がきらめき石に奥行きを感じるアンティークジュエリー。
サファイアは濃い色が良いと言われています。

r403c
深い青色が美しいサファイアを快く感じられ、 合計28石もあり、約0.2カラットのローズカットのダイヤモンドがぐるりと囲んでいます。
ローズカットダイヤは 味わいのある力強い輝きです。
中央に一石のオーバルのサファイアを、その周囲に花びらとして16石の、ローズカットダイヤモンドの指輪。
サファイアに施されているのは、石の持つ色や艶を引き出す、複数の面を設けたファセットカットは、
きらきらとした輝き、深海を思わせる濃いブルーが楽しめるアンティークジュエリー。
角度により青の明度が、変化する様子も神秘的です。

r403d
メインストーンの濃く美しいブルーのサファイア。
脇石とは思えない、煌めきを放つローズカットダイヤモンド。
アールデコ時代の豪華なデザインの指輪に、サファイアがぴったりマッチしていて、ぐっと引き立ってきます。
存在感のある指輪で、鮮やかな色合いのサファイアです。
スッキリとしたラインを強調することで、アールデコらしいシャープなラインが素敵です。

r403e
花びらとシャンク部分、合計約0.2カラットのローズカットダイヤモンドが使われており、小さいながらその強い照りは美しいです。
サファイアのやや縦長のオーバルに合わせて、
ローズカットダイヤモンドが、その外周に留められていますが、ローズカットダイヤモンドには繊細なミル打ちが施されている凝りようです。
側面には、透かしの彫金が施されています。
それにシャンクは、3つに分かれている葉っぱ模様があり、そこにも12石のローズカットダイヤモンドが、スッキリとしてベゼル部分をひきたたせています。
こういうシンプルで、豪華で使いやすい指輪はなかなか見つかりません。

r403f
天然のサファイアは、永遠に続く神秘のブルーで、深い深い美しさ。
サファイアとローズカットダイヤモンドの指輪は、
脈々と続くヨーロッパの文化と歴史を、感じさせられるアンティークジュエリーです。
このように中央にサファイアをセットして、周囲をダイヤモンドで囲むスタイルは
婚約指輪として好まれる伝統的なデザインです。

r403g
作りもコンディションも良い美しい指輪。
ベゼルの裏はオープンセッティングです。
少し縦長のデザインが、指を細く長く見せてくれます。

r403h
濃紺の約1カラットサファイアに、白く光る合計約0.2カラットのローズカットダイヤモンドの、調和のありきりっとした印象ですが、
サファイアの上品さが加わり、
なんとも言えない魅力的な雰囲気が漂う、とても素敵なアンティークジュエリーです。
趣のあるダイヤモンドとゴールド、またセンターには覆輪留めで、濃く鮮やかなブルーが一層引き立ちます。
指輪を囲むローズカットダイヤモンドも繊細に輝き、サファイアの周りに、光の輪が浮き上がるようです。

r403i
周りの合計約0.2カラットのローズカットダイヤモンドは、明るく美しく輝き約1カラットのサファイアは、しっとりと深くたたずむコントラストが素晴らしい指輪です。
華やかでいて品位を保って上品にまとまっています。
指に通した時に指輪が放つムードは、
アンティークジュエリーを愛する人達に喜びをもたらします。

r403j

商品一覧

指輪A 

指輪B 

指輪C 

指輪D 

ピアス 

ブローチ 

ネックレス 

時計 

ブレスレット 

ペンダント

宝石別|年代|種類別 ジュエリー

時代別ジュエリーとアンティーク辞典

twitter

pinterest

facebook

instagram

ブログ