※※※ 写真をクリックすると拡大写真になります。(一部の商品はまだ拡大できません。)

r364 アンティークジュエリー アールデコ サファイア ブリリアントカットダイヤモンド 指輪

¥47,000 (税込み)(ポイント5%)

説明

 

r364アンティークジュエリーの情報

原産国   ヨーロッパ
年代    1930年代頃
素材  9金ピンクゴールド、ブリリアントカットダイヤモンド、サファイア、 9金ホワイトゴールド
サイズ   14号、ベゼル(縦)12.5ミリx(横)12.5ミリ、サイズ直し可能(サイズ直しは無料にてやらせて戴きます。)

r364アンティークジュエリーの説明文

磨き抜かれたデザインの綺麗な宝石、ブリリアントカットダイヤモンドと、ブルーのカリブレカットサファイアが煌く指輪です。
透かし模様が美しい、気品を感じさせるエレガントな印象です。
指をすっきりと美しく、且つ長く見せてくれるアンティークジュエリーです。
ホワイト&ピンクゴールドを使用したアールデコのジュエリーは、繊細で、左右対称のデザインが多く、 こちらの指輪もその特徴がよく出ていると思います。
カリブレカットサファイアは、 清涼感のある美しいブルー。
ブリリアントカットダイヤモンドは、光にキラキラと反射するアンティークジュエリー。

 

カリブレカットサファイアと、ブリリアントカットダイヤモンドの白い輝きがより一層魅力を増しています。
キラキラと輝いて見えて、 ブリリアントカットダイヤモンドと、サファイアの相性は良く、ノーブルな雰囲気が感じられます。
カリブレカットのサファイアと、ブリリアントカットダイアモンドの輝きといい、デザインといい、女性らしさも備わっていて、どんな格好にも良く似合う指輪。
ブルー色の宝石、サファイアが、ブリリアントカットダイアモンドとピンク&ホワイトゴールドの白さの中に際立ち、 また、肌の色合いとも対照的に浮かび上がるアンティークジュエリー。

 

また、サムシング‐フォーで、西洋の慣習。
花嫁が、何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いものの四つを身につけると、幸せな結婚生活が送れるというもの。
永遠の幸せが続くようにと、  その祈りを込めて身に着ける、サムシングブルー。
ブルーサファイア、淡い煌めきを感じさせるような、それでいてしっかりとした青の強さを感じさせる美しいグレードク。
また、ブリリアントカットのダイヤモンドを周りに配したデザインも、 ブルーサファイアの美しさの際立つスタイルで、美しさが感じられるアンティークジュエリー。
王道のブルーサファイアの美しさを魅せながらも、ブリリアントカットダイヤモンドのキラキラと煌めき、とても親しみやすい指輪です。
シャンク部分はピンクゴールドで、スッキリとした洒落た雰囲気を醸し出しています。
手の込んだ透かし細工が美しく、現代ジュエリーではなかなか見れないアンティークジュエリーです。
サファイアは、カリブレカットで留められて、 デザインの邪魔をしないかたちになっています。
指をすっきりと美しく且つ長く見せてくれる指輪です。

 

紺色のサファイアが、ブリリアントカットダイアモンドとの白さの中に際立ち、 また、肌の色合いとも対照的でいい雰囲気のアンティークジュエリー。
また、指に馴染んで、フラット気味なので嵌めやすい指輪です。
嵌めるとふわっとした優しさが感じられる指輪。
ブリリアントカットダイアモンドがあることにより、 指輪全体に輝きを生み、センターのサファイアが引き立ちます。
目を涼ませるブルーサファイアと、澄んだ水のような輝きのブリリアントカットダイヤモンドが、ほのぼのとした指輪です。
みずみずしい組み合わせで、指先が一気に華やぎます。
艶々の明るいブルーサファイアと、清らかなダイヤモンドの輝きは、見ているだけで心が洗われるようです。
毎日の定番として活躍してくれる使い勝手のよい素敵なアンティークリングです。
クリアなブリリアントカット・ダイヤモンドが使われており、その強い照りは目を見張るものがあります。

 

色の深みや透明感など、魅力的なカリブレカットのサファイアが5石、8石のブリリアントカットのダイヤモンドが添えられていて、おおらかな輝きにより印象が強まります。
さり気なく使いやすいデザインの指輪です。
サファイアと、ダイヤモンドとサファイアで、こうした繊細なデザインの良さを兼ね備えた指輪は現代、アンティーク問わず、いつでも付けやすい指輪です。
指に嵌めると、中心となるサファイアとダイアモンドが はっきりと浮かび上がるアンティークジュエリー。
贈り物にも、新しいコレクションの一つとしても、 この時代の流行の先端を行く、デザインの指輪は、 必ずお気に入りの一つにして頂ける可愛らしさを秘めています。
アールデコの奥行きを感じさせる指輪です。